慢性の肩こりは、アタマの勘違いでまっすぐに立てません。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で肩こり、肩甲骨ゴリゴリの方に気功と姿勢
指導してます。マナブ整体院 院長のマナブです。

 

慢性の肩こりと姿勢は関係しています。
アタマの勘違いと言ったらよいのでしょうか。
自分では、・・・のつもりなのに。

 

と言う感じです。

 

マナブ整体院には、バレエ、新体操をされている方が
身体のケアのために、お見えになっています。バレエ、
新体操は身体のシルエットを綺麗に見せる、表現する
ものです。

 

怪我、疲労によってバランスを崩すと身体の軸が保て
なくなります。それが、癖になると、怪我をしやすく
なります。

 

そのため、良いパフォーマンスを維持するために身体
のケアが必要となります。

 

身体のバランス・軸を崩した姿勢を続けたままにする
と身体に不調を来たします。

 

きっかけは、怪我かもしれません。
職種による身体の癖かもしれません。

 

間違った姿勢を続けていると、その姿勢が日常、つまり
正しい姿勢であると脳が勘違いしてしまいます。

 

例えば、

 

自分が真直ぐに立っていると思っても、実際は、前に傾いた
姿勢だったりします。

 

こんな感じです。腹筋と背筋のバランスが悪く、つまり、下腹に
力が入れられないので背中が疲れます。

 

そうなると(下の写真と照らし合わせてお読みください)

 

下腹を前にポッコリ突き出した姿勢。(横から見るとくの字姿勢)
(施術前:左の写真の状態です。)

         ↓

身体は後ろに倒れないように、下半身は前重心にしてバランス。

         ↓

ですが、

 

上半身は後ろに倒れているので、後ろ重心と意識してます。
下腹を中心にくの字に曲がっています。上半身は後ろに倒れ、足、脚
はバランスを取るため、前に倒れてます。

150717YK

150627YK

 

施術を受けて、身体のケアを続けていくと、姿勢の変化が分かります。
身体の軸が変化しているのがわかります。

 

注目するは、

 

左から3番目と4番目の写真です。
左から3番目は施術して、なにも考えずに立ってもらった
姿勢です。ちょっと反り腰ですが、大分、軸が真直ぐに
なってます。

 

左から4番目は、床にまっすぐに立つことを意識して、立って
もらったものです。上半身が前傾しているのが分かりますね。

 

これが、脳の勘違いです。

 

この姿勢は長く続けられません。
背中が疲れます。呼吸が浅くなります。
肩こり、首こり、背中こりの肩甲骨ゴリゴリです。

 

それで、左の写真のように、下腹を突き出したポッコリお腹の
くの字姿勢になります。もちろん、腰痛にもなりますが、女性
は慢性肩こりで悩む方が多いようです。

 

この写真の女性の方も慢性の肩こりです。

 

下の写真が重心調整した姿勢です。
床にまっすぐ立てれば、お腹も凹むんですよね。

 

この姿勢を脳に覚えさせることが大切です。

 

この写真の女性の方、4回目の施術ですが、良くなって
ます。だんだんと重心調整した姿勢に近づいています。
趣味でされているバレエも良い感じだそうです。

 

今日のお話しは、慢性の肩こりは、アタマの勘違いとい言う
お話しでした。

 

 

<セミナーと講座情報>

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。http://manabuseitai.jp/archives/8517/

[ セラピストのための、気功整体講座(初級編)。気功の手の作り方!]
を開講しました!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。http://manabuseitai.jp/archives/8124/

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
肩甲骨ゴリゴリの肩こり、慢性腰痛、膝痛は
リキみ(無意識緊張の歪み、血流不足)が原因です!
添え手気功療法なら、手を添えるだけですが、うたた寝
してる間に辛い症状がふわっと緩みます。