やわらかい手、やさしい手、暖かい手、身体が手にとるようにわかります。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で肩こり、肩甲骨ゴリゴリの方に気功と姿勢
指導してます。マナブ整体院 院長のマナブです。

 

先日、気功整体講座を行いました。
セラピスト向けの初級講座です。

 

手の触れ方、添え方の意識を変えるだけで、気が充実
した気功の手になります。

 

気は意識したところに集まります。
ですから、手に意識して、手に気を集中させれば、気功
の手になります。気功の手で添えれば、凝り、歪みが
なくなります。

 

と言うのは簡単ですが、中々難しい。

 

気功整体講座では、手の鍛錬を行います。
手を優しく、柔らかくする練習です。
その一つとして、タントウ(立禅)の練習があります。

 

気の鍛錬ですので、セラピストを健康にするものです。
でもこれって、それだけでないんです。
施術するときの姿勢、呼吸、手を敏感にするのに、欠かせない
ものです。

 

気功整体講座では、手を添えるとき、ただ漠然と添えるのでは
なく、皮膚だけ押すようにと指導します。この微妙で繊細な感覚
が気功の手を作ります。

 

そこで、立禅です。

 

臍下まで川に浸かります。
浮いている板を両手で軽く押さえます。
板を強く抑えると沈んでしまいます。
また、強く抑えると、流れてしまいます。

立禅(川)

イメージです。意念で行います。
手の神経が鋭くなります。患者さんの身体が手に取るように
分かります。(読んで字のごとくです。)

 

板の次は、紙です。
浮いている紙を沈まないように、流されないように、意念
します。紙は板と違って、波打ったりします。沈みやすい
し流れやすいです。とても難しいです。

 

こうして、鍛錬した手が、手を添えると患者さんの身体の
調子が手に取るようにわかります。それが気功の手です。

 

やわらかい手。
優しい手。
暖かい手。

 

そして、患者さんの身体が手にとるように
分かる手。

 

セラピストには必要ですね。

 

 

 

<セミナーと講座情報>

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。http://manabuseitai.jp/archives/8517/

[ セラピストのための、気功整体講座(初級編)。気功の手の作り方!]
を開講しました!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。http://manabuseitai.jp/archives/8124/

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
肩甲骨ゴリゴリの肩こり、慢性腰痛、膝痛は
リキみ(無意識緊張の歪み、血流不足)が原因です!
添え手気功療法なら、手を添えるだけですが、うたた寝
してる間に辛い症状がふわっと緩みます。