立禅の目付け。柔らかい集中力が気が出ます。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で添え手気功療法と言う気の整体しています。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

武道には目付けと言うものがあります。
視線の置き方のことです。遠山(えんざん)の目付け、
とか八方目(はっぽうめ)と言います。

 

武道では一か所を凝視することはしません。心が居着く、
気が固まります。

 

遠くの山を眺めるように、前後、斜め、左右のあらゆる
方向を見ると言うことです。

 

私の空手の流派では、
道路を渡るとき、右見て、左見て、右見て渡って、左から
来た車に轢かれたんじゃダメなんだよ。

 

と言われます。

 

勿論、道路を渡るときは、上記のように良く見て渡らなく
てはいけません。

 

ですが、一か所を凝視するような目付けは、良くないと
言うことです。心が居着き、気が固まります。

 

目の上っ面で見るのではなく、一回ぐうっと中に意識して
全体を観るのです。車の教習所でも言われます。視線が前方
の車に意識し過ぎないで、遠くを見ることと言われます。

 

実際、新米ドライバーは視線が近く、ベテランドライバーは
視線が遠いとのことです。

 

武道では、相手の胸元を中心にカラダ全体を見ます。

 

目付けが近いと緊張します。とっさの判断ができません。

 

気を出すのに目付け重要です。
柔らかい集中力が極限の集中力で気が出ます。

 

遠山(えんざん)の目付けです。
立禅(タントウ)で気の鍛錬します。このときも、目付け
が大事と言うことです。

 

気を練るのに目付けもとても大切です。

 

日常でトレーニングできますね。全体を注意して、歩く。

 

イメージトレーニングでは、見通しの良いところを探して
行うのも良いです。

 

 

 

都会でも、探せばあります。
1510261

海岸は良いです。
写真 2 (10)

自然の中で気を養うのが一番です。

 

告知です!
セラピストのための気功の手の作り方セミナー
を3月12日(土)に開催します。
良い眠りに導くセルフケアもご紹介します。
詳しくはこちらをどうぞ↓
セラピストのための気功の手の作り方セミナー

 

< セミナーと講座情報 >

[ セラピストのための、気功整体講座。気功の手の作り方!]
生徒募集してます!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。
セラピストのための気功整体講座。気功の手の作り方!

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。
気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー

渋谷区恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
揉んでも改善しない肩こり、辛い腰痛、膝痛は
リキみ(無意識緊張の歪み、血流不足)が原因です!
軽く触れる添え手気功療法が安全で効果的です。