気功で重要な任脈と督脈。真直ぐ立つことの重要性。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で手を添えると肩こりがふわっと緩む、気の整体、
添え手気功療法をしてます。マナブ整体院 院長のマナブ
です。

 

背骨に気が流れます。もっと言うと背骨と仙骨が一体に
なると気が流れます。もっともっと言うと仙骨が背骨に
気を流すスイッチなのです。

 

気功で小周天呼吸法と言うのがあります。体の前面(陰側)
に任脈、背面(陽側)に督脈と言う経絡があります。呼吸
によって気を巡らせます。

 

鼻から気を吸って、

 

任脈:胸の真ん中の壇中(だんちゅ)のツボ→臍下丹田→股の間の会陰
(えいん)のツボ。

 

督脈:股の間の会陰(えいん)のツボ→背中側(背骨)の命門(めいもん)
のツボ→大椎(だいつい)のツボ→頭の上の百会(ひゃくえ)のツボ
の順に気を巡らせます。

小周天

 

背骨は体の屋台骨です。大切です。

 

背骨に気巡ると元気になります。

 

体が左右に傾いたり、そっくり反っている気が流れません。

 

高椅子に腰かけているように。

顎は軽く引き。

目は水平。

頭は上から軽く吊られているように。

肩は下げる。

 

これが、気巡る背骨になる姿勢です。
つまり、立禅(站椿(たんとう))の姿勢です。
右端の姿勢です。

清水紗耶香さん施術の変化5

 

呼吸が楽になるのが分かります。

 

呼吸と意念でカラダに気をめぐらせます。

気の手 鳥肌2

気が充実すると、鳥肌が立ちます。気は意識したところ集まります。
手に気を集中して、気功の手にします。

気の手 鳥肌1

通常、自分の意思で鳥肌を立たせることはできません。鳥肌を
立たせるには立毛筋と言う筋肉によりますが、立毛筋は内臓の
筋肉と同様に自分の意思で動かすことができない不随意筋です。
気功状態になり、カラダに気が蓄えられ、リラックスすると鳥肌
が立つと言われています。

 

 

 

< セミナーと講座情報 >

[ セラピストのための、気功整体講座。気功の手の作り方!]
生徒募集してます!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。
セラピストのための気功整体講座。気功の手の作り方!

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。
気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー

渋谷区恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
メール:info@manabuseitai.jp
ホームページ:http://manabuseitai.jp
肩こりで整体をお探しの方、肩こりは、不調のシグナル
です。腰痛、膝痛、顔の歪み、浮腫みにも関係します。
肩こりがなくなると顔の歪み、浮腫みもスッキリして
小顔に見えるものなのです。