添え手気功療法の気の癒しの概念。実は武術と一体です。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

肩こりは無意識緊張、リキみによる血流不足が原因です。
恵比寿で添え手気功療法と言う気の整体をしています。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

今月28日(日)、恵比寿のマナブ整体院で気功の手セラピ
ーセミナーを行います。私が考える気による癒しについて
説明します。

 

武術の站椿(立禅)の内功を基本としたものです。

 

意念による微細な動きで体の疲れをとり、または、壮健な体
を養うトレーニングです。人は脳からの電気信号によって活
動しています。つまり電気が流れているのです。それは、医
療の検査にも使われています。心電図、筋電図、脳波測定など。

 

アスリートにイメージトレーニングが効果があるのは、良い
イメージが微細にカラダを動かしているからです。(筋電図に
反応が表れる。)また、胃潰瘍がストレスで生じるなら、逆も
あると言うことであるタンレントさんが怪我をしたとき、解剖
図を買ってきて、神経がつながるイメージトレーニングをした
ら、お医者さんが治らないと言った怪我が完治したなんて話も。
どこまで事実かどうかは分かりませんが。ですが、站椿によっ
て怪我の治りが早まったりすることは良くあることです。

 

イメージ、意念によって脳からの電気信号が生じ微細に筋肉が動く。
これが気と大きく関係していると私は考えます。そして、電気
信号にある種の情報も伝播してるそれが気であると。

 

例えば、酷い肩こりの場合、肩に大きな凝りがあります。
それを施術者が軽く手を添えているだけですが、手を微細
動させ、なおかつ、肩こりがふっと溶けるような意念、とて
もリアリティーある感覚を持てば、患者さんの脳は、施術者か
らの微細動によって緩む感覚を肩こりに電気信号として送る。
そして肩こりがなくなる。
添え手の理論3

気の発動の一例として皮膚だけ押す意念を持つと体の奥深い
ところに感覚が行きます。気の発動する気功の手になる。
添え手の理論2

 

武術と整体(養生)は一体。
基本は站椿(立禅)にあります。知識、理論ばかりでは実を生みません。
練習あるのみです。
添え手の理論1

 

 

 

告知です!
8月28日(日)、セラピストのための気功の手セミナーを行います。
今回のテーマは座位における手の添え方と微細動による気の発動の
仕方です。 詳しくはこちらをご覧ください。↓
セラピストのための気功の手セミナー(微細動による気の発動)

 

< セミナーと講座情報 >

[ セラピストのための、気功整体講座。気功の手の作り方!]
生徒募集してます!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。
セラピストのための気功整体講座。気功の手の作り方!

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。
気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー

渋谷区恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
メール:info@manabuseitai.jp
ホームページ:http://manabuseitai.jp
肩こりで整体をお探しの方、肩こり、首こりは、不調の
シグナルです。腰痛、膝痛、顔の歪み、浮腫みにも関係
します。肩こりが解消すると血流が良くなって肌に艶、
潤いがでます。