外気功療法の衛気、免疫機能の活性化の同調。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

慢性の肩こりは湿度、寒暖差による自律神経の乱れでさら
に辛くなります。恵比寿で添え手気功療法と言う気の整体
をしています。マナブ整体院 院長のマナブです。

 

東洋医学の気について諸説ありますが、気と体の関係におい
てお話しします。
東洋医学において生命活動を行ううえでの目に見えないエ
ネルギーを元気または真気といいそれを総じて気と呼んで
います。

 

1、気(元気、真気)は先天の気と後天の気を合わせたものです。

気=先天の気+後天の気

先天の気:親から貰った気で腎に蓄えられている。

後天の気:水穀の気(飲食によって脾によって作られる)
と清気(大気をもとに呼吸によって肺で作成)
※脾臓は免疫機能、造血機能、血液の貯蔵機能などをつかさど
る臓器

 

2、先天の気と後天の気は肺で結ばれる。

先天の気は腎に蓄えられ肺に運ばれる。
後天の気は清気と水穀の気からなり、清気は肺で作られ、水穀の気
食べ物をもとに脾で作られ肺へ運ばる。

 

3、気(元気、真気)は、5つに分類され生命活動を維持する。

気=先天の気+後天の気→宗気+営気+衛気+臓腑の気+経絡の気

宗気:胸の中で働く気で呼吸や心臓の働きを支配する。

営気:血管内を流れる気で体の中に栄養を行き渡らせる。

衛気:血管外を流れる気で免疫機能をつかさどる気。外敵を皮膚から
   ブロックしたり、臓腑を温めたりする。

臓腑の気:五臓それぞれに働く気。

経絡の気:各経絡に働く気。

 

以上は、一般的な気の概念であるが、

 

私の経験から、站椿(立禅)をすると皮膚に膜ができる感覚があり
産毛が立つなどします。これは衛気の活性化と考えます。臓腑を温
め免疫機能がアップしたことを意味します。

 

私が外気療法をするときはこの状態で行っています。患者さんからの
邪気をブロックしかつ外気を放出し不調を改善する。

 

大胆な言い換えですが
施術者の免疫機能がアップすると、それに同調して患者さんの免疫機能
もアップするといった感じでしょうか。

 

站椿(立禅)をして気を巡らせると鳥肌が立ちます。
気の手 鳥肌2

 

気の手 鳥肌1

 

国際意拳会、大成館、孫立館長のお話しでは、陰陽の関係で
陰側(体の内側)に鳥肌が立つのは熟練が必要となるとのこと。
外気療法を行うには内気功(站椿)をシッカリする必要があり
ます。

 

 

< セミナーと講座情報 >

[ セラピストのための、気功整体講座。気功の手の作り方!]
生徒募集してます!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。
セラピストのための気功整体講座。気功の手の作り方!

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。
気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー

渋谷区恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
メール:info@manabuseitai.jp
ホームページ:http://manabuseitai.jp
肩こりで整体をお探しの方、肩こり、首こりは、不調の
シグナルです。腰痛、膝痛、顔の歪み、浮腫みにも関係
します。肩こりが解消すると血流が良くなって肌に艶、
潤いがでます。