皮膚からも気が出入りしている。体表の邪気を抜く摩り手。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で添え手気功療法と言う気功整体をしています。マナブ
整体院 院長のマナブです。

 

経穴は一般的には、ツボと言われいます。
武術では急所なんて言われてたりします。使い方によっては
活法になたり、殺法にもなるものです。経穴は経絡と体表部の
接点であります。経絡は臓腑と繋がっている臓腑の反応が経穴
にでます。

 

経絡には気、血が巡っています。経穴は経絡の管理する孔で気
血の具合を調整する。整える。

 

経穴は気の管理孔。気の出入り口なので、ときたま気が抜けたり
邪気が入ったりします。そのときに経穴から邪気を抜いたり、
正気を入れたりして気の調整をします。

 

気を抜くことを瀉法と言い、気を入れることを補法といいますが
私が感じるには単純に補寫に別れないと感じています。寫をして
補する。感じですね。

 

疲労の具合によっては同じ人でもツボの位置は変わります。疲れ
の度合いによって体表に邪気が多いツボが隠れることが多い。そ
の場合は寫をしないと奥深い邪気を特定出来ません。

 

疲れた体は正気を拒否することがあるからです。
気を自律神経に例えてみると、気に関心のない方は分かりやすいかも
しれません。例えば、ストレス(人間関係や気候の寒暖差など)で疲
労すると交感神経が異常興奮します。交感神経優位となると感覚が
鈍くなる、痛みに鈍くなる。そして体表面の皮膚が固くなります。

 

そのときに補法しても気が入って行かないのです。

 

私は、瀉法の一つとして摩り手をもちいています。表面の邪気
を取り払います。体表の皮膚が柔らかくなります。気が入りや
すくなります。先ほど、経穴(ツボ)が気の出入り口といいま
したが実は皮膚の毛穴から気が出入りしているのです。皮膚呼
吸です。

 

手の反応と患者さんの体からでる気の度合いなどを考慮して施術
しています。私はツボを狙っているものではありません。手を添
えて熱くなたっり、脈を打ったり、スッと寝落ちしたポイントを
あとで確認するとツボであったり、神経や血管が集中していると
ころだったりします。また、ツボや神経とまったく符号しないと
きもしばしばです。

 

これだけは言えることは、まず体表面の邪気を寫しないと手が反
応しない、気が入りにくいと言うことです。

 

指を体表を軽く滑らせます。波の様に。毛細血管を意識して摩る感じ
です。そうすると、奥深いところの硬結が浮き出てきます。
%e6%91%a9%e3%82%8a%e6%89%8b3

 

%e6%91%a9%e3%82%8a%e6%89%8b1

 

%e6%91%a9%e3%82%8a%e6%89%8b2

今日お話した瀉法の摩り手についての勉強会を行います。
11月6日(日)14:00から恵比寿のマナブ整体院で行います。
セミナーと言う形ですので外部参加もOKです。
 詳しくはこちらをご覧ください。↓
セラピスト向け気功の手セラピーセミナー(背中の邪気の抜き方)

 

 

< セミナーと講座情報 >

[ セラピストのための、気功整体講座。気功の手の作り方!]
生徒募集してます!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。
セラピストのための気功整体講座。気功の手の作り方!

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。
気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー

渋谷区恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
メール:info@manabuseitai.jp
ホームページ:http://manabuseitai.jp
肩こりで整体をお探しの方、肩こり、首こりは、不調の
シグナルです。腰痛、膝痛、顔の歪み、浮腫みにも関係
します。肩こりが解消すると血流が良くなって肌に艶、
潤いがでます。