現代病の肩こり、腰痛。16°の傾斜に脳が気付かない。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で肩こり予防の気功(姿勢、呼吸)を教えています。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

カラダの不調は姿勢に表れます。そして不定愁訴が生じ、
肩こり、腰痛となります。病院で検査しても異常がない。
ですが、病気でもないが健康でない。未病と言うことです。

 

人は年齢を重ねれば筋力も落ちます。ですから、若い方より
40、50代以上の方は姿勢に気を使う必要があります。肩こり
、腰痛でお悩みの方だけでなく、現代人一般に言えることが
あります。カラダを反って立っていると言うことです。

 

疲れると下腹を突き出して腰を反って立ちます。

 

疲れが回復すると鳩尾、肋骨を突き出して肩甲骨の下
当たりを反らして立ちます。

 

反らす位置を腰、肩甲骨とかえるとどうなるか。前後の重心が
分からなくなるのです。下の女性は、酷い肩こり、首こりで血
圧が高い方です。施術前は顕著な反り腰。施術後はかなり良く
なっておりますが、やや鳩尾を突き出して立っております。
%e8%82%a9%e3%81%93%e3%82%8a%e5%a7%bf%e5%8b%a23png

 

施術後の姿勢を基本にして施術前の姿勢を重ね合わせねる
と。

・施術後のように背筋を伸ばすと8°前傾姿勢(左)

・施術後のよう骨盤(仙骨)を立てると8°後傾します。

%e8%82%a9%e3%81%93%e3%82%8a%e5%a7%bf%e5%8b%a22png

 

施術後の姿勢、つまり軸のある真直ぐ立っている姿勢に対し
て16°(前傾8°+後傾斜8°)の誤差が生じていることになります。
頭の位置はは変わりません。首から下の体で前後に傾斜させて
いることになります。ですから、脳は真直ぐな位置が分からなく
なってしまうのです。

 

疲れて反り腰にして顔の位置を真直ぐに保っていますが、体
は後傾。疲れが取れると鳩尾を出して顔の位置を保っています
が体は前傾。16°の振り幅があります。

 

下の写真の左は下腹突き出し反り腰。上の写真の右にあたり
後傾斜。真中の写真は背中の疲れ取れて鳩尾を突き出し。上
の写真の左にあたり前傾。顔の位置を変えないが実際は前後
に16°移動しています。
160326mh2

下の写真の左から3番目の青枠を見てください。体軸として
は1本の棒のように真直ぐです。腰や肩甲骨の下から後ろに
反らせていません。

 

ですが、

 

かなりの前傾。ご本人は真直ぐなつもりです。
150814YK

 

真直ぐ立つことは簡単に思われるかもしれませんが、肩こり
や腰痛を抱える現代人にとっては一筋縄ではいかないようです。

 

 

告知です!
12月11日(日)セラピスト向け気功の手セラピーセミナーを
行います。 外気療法で顔の若返りの仕方を行います。
目に手をかざしてストレスを抜くと目もとのくすみもスッキリ
して若返ります。
小顔バージョン2
詳しくはこちらをご覧ください。
>>>セラピスト向け気功の手セラピーセミナー

 

< セミナーと講座情報 >

[ セラピストのための、気功整体講座。気功の手の作り方!]
生徒募集してます!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。
>>>セラピストのための気功整体講座。気功の手の作り方!

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。
>>>気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー

渋谷 恵比寿の肩こりが集まる気功整体院
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
メール:info@manabuseitai.jp
ホームページ:http://manabuseitai.jp
恵比寿で肩こり、首こりでお困りの方、揉んでも良くなりませ
ん。血流を改善することが根本的な改善です。軽く触れるだけ
で人の身体は緩み血流が良くなります。