単なる日記です。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

気功の手 整体、気功整体、気功的整体、気功
施術とか気功の手セラピーとか私は言ってい
ます。何かそのときの気分で使い分けている
様であります。

 

身体を整えるから整体。薬や手術をしない療
法、癒しだからセラピー。か。

 

ただ自分でやっている施術は、空手の師匠か
ら勉強した気功療法だけでなく、いろいろな
整体を勉強して今の形になったものです。だ
から単純なエネルギーワーク(この表現が良い
のかわからんが)ではないのです。

 

気、経絡、経血も重視するし、神経、筋肉、
血管、リンパ、骨格も重視する。
それと、自己鍛錬や自分の手の感度を上げる
トレーニング。身体の歪み、筋肉の強張りも
重視する。

 

ですから、外を歩いていると周りの人の身体
の歪み、バランスを無意識に観察してしま
う。それと、どんよりした気を発している人
がわかってしまう。そんなときは車両を変え
るなりして離れようにしている。

 

ちょっと話しが脱線したが、私の施術は手を
添えて行う気功療法だから、添え手気功療法
と命名した。

 

いろいろ壁にぶつかることもある。そのとき
は科学的根拠がしっかりしたものを重視しま
す。それと、武術です。武術の師匠の方々だ
ったらどうするか。どう歩むべきか。

 

武術には科学でわかるところと、現時点では
わからないものもある。ですが哲学がある。
だから、私は迷ったときは武術に帰ります。
哲学があるから。どうあるべきかを考える。

 

先代の会長は何事も修行だ。とおっしゃって
いた。確か空手の記念大会で偉いお坊さんの
お話を長いあいだ正座して聞いておられた。

 

後輩達は、私に足を崩してください。と言っ
ていたが、しまいには足を崩して良いです
か。となって足を崩すので先輩も足を崩して
ください。となった。今では笑い話しであ
る。

 

武術と言う判断する物差しがある私は恵まれ
ていると思う。

 

<気功的整体個人セッション希望の方へ>

当院は恵比寿で出張整体と練馬区大泉学園で整体しています。
出張整体は新規のご予約お受けしていません。
新規の方は練馬区大泉学園、てあて整体院で場所をお借りして
のご予約となります
>>>アクセス
※院長はこんな人>>>院長紹介

ご予約は一週間前までにして頂けると取りやすい状態です。
何分一人で行っております。ご面倒をおかけします。

台風、大雪などの場合お互いの安全を考慮してご予約の日
時を変更する場合があります。
予約時間に遅れる、キャンセルする場合は必ずご連絡くだ
さい。

私が行う気の施術は実績があり自信がありますが、効果に
は個人差があります。

症状が酷い、また長く続くようでしたら、まずは信頼でき
る医師の診断を勧めます。

気功施術の様子。気を通すと不調箇所が反応し改善します。
気は目に見えませんが確かにあるもの。日本が誇る素晴らしい
健康法です。ですが、医師の診断も大切です。

<気功的整体(添え手気功療法)の様子>

獣医が説明できない気の効果。猫の施術の様子。気を流すと不調箇所が反応!

慢性の肩こりの人の気の反応は動画開始25秒後から

2ヶ月悩みの膝痛、気を通すと反応する。(再生23秒後)

< セミナーと気功の手 整体スクール情報 >

[ セラピストのための気功整体スクール:初、中、上級講座]
※現在定員満了で、既存の方のみの指導です。空きしだい
再募集します。
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
>>>セラピストのための”気功の手”整体スクール詳細と申込み

[ 気功の手セルケア講座:顔の若返り編]
気功的なセルフタッチによる自分で行う健康、美容法のセルフケア。
ご家族で 健康になって美しくなってください。
小顔バージョン2
>>>気功の手セルケア講座:顔の若返り編の詳細と申込み

[気を感じる姿勢で健康で、美しく!気功的、和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
>>>気功的、和の身体法セミナー詳細と申込み

 

気功の手療法と武術の身体法のマナブ整体院
メール:info@manabuseitai.jp
ホームページ:http://manabuseitai.jp
恵比寿、五反田、横浜、大崎、銀座で出張気功整体と
練馬区大泉学園で整体しています。
新規の方は大泉学園、てあて整体院で場所をお借りし
てご予約受けております。気の施術です。触れるだけ
で血流を良くして不調を改善します。
肩こり、首こりでお困りの方、揉んでも良くなりませ
ん。血流を改善することが根本的な改善です。軽く触
れるだけで人の身体は緩み血流が良くなります。姿勢、
呼吸指導も行っているマナブ整体院にご相談ください。