整体の姿勢と武術の構え。気と呼吸、懐を深く | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で添え手気功療法と言う
手を添えるだけの体に優しい整体をしてます。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

空手と気功と整体に活かすために、中国武術の意拳を勉強
しています。先日、その審査会に参加してきました。

 

道場で一緒に練習している、Hさんも参加していました。
Hさんの年齢は60歳になろうかと言う年齢です。

 

Hさんの組手は、とても素晴らしいものでした。
組手は10人です。息も上がらず淡々とこなす姿勢は
凄く感銘しました。

 

Hさん:小野さん(マナブ)相変わらず組手うまいね~

私:今回は、足の人差し指が折れていて、まったくですね。
それより、Hさん構えで威圧して、相手を後ろに下がらせる
とても良いですね。

 

と休息時にこんな会話してました。

 

今回の審査会はとても緊張しました。
実は3週間前に練習で足の指を骨折していたからです。

 

でも、不思議と道着に着替えると、心が落ち着きましたね。
でも、心配ごとが、足が折れてんのに審査会にでて、悪化
した場合のこと。足が折れてんのに参加したことが、妻に
知られたらと思うと、やはり一抹の不安がありました。

 

ですが、他の先輩方の審査に臨む姿勢を見て、奮い立つものが
ありました。

 

そのなかでも、Hさんの組手は見事でした。

 

構え
呼吸
変性意識(瞬時に意識を変えること。平常心に切り替えること)

 

が素晴らしいのです。

 

構えは、肩が落ち、懐が深く、顎を軽くしめています。
前脚は虚、後脚が実です。
含胸抜背(ガンキョウバッパイ)、沈肩墜肘(チンケンツイチュウ)
の武術の姿勢です。この言葉、馴染みないと感じられますが、
良く聞く言葉と同じと私は考えます。

 

懐を深く
脇を”軽く”締める
肩を上げない
へっぴり腰にしない

 

です。(これらを総称して、懐を深く)

 

この姿勢は、とても良い姿勢で、自分の潜在能力をフル
に発揮できるものです。

 

マナブ整体でも、気功整体を受けたあとに、姿勢指導します。
日本古来からの良い姿勢です。
肩こり、腰痛でお困りの方にとても良いものです。

 

Hさんの組手を観て、整体院での姿勢指導が自信から
確信に変わりました。

 

懐を深くすると
呼吸が整い、気が巡ります。そして平常心です。
マナブ整体のセルフケアはこれで決まりです。

 

それにしても、Hさんお見事でした。

 

マナブ院長46歳(写真右)も頑張っています。
140817_1

 

 

毎週火曜日ワンコイン朝活気功やってます。こちらもどうぞ。
http://manabuseitai.jp/archives/1906/
平日のお昼限定で肩こりの方応援、昼活整体もやってます。こちらもどうぞ
http://manabuseitai.jp/archives/1889/

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
体の疲れ、コリによる血流不足がさらなる疲れを招きます。
慢性疲労は肩こり、腰痛、膝痛、冷えとなって現れます。
添え手療法は、コリが溶けるようになくなり、体の芯から
ホカホカで血流がよくなります。