気を導いて体を癒す。肩こりにも使えます | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で添え手気功療法と言う
気功整体をしてます。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

大昔は病院はありまあせん。そのため、怪我、病気になったら
困りますよね。自分で何とかしなければなりません。

 

東洋的な考えに不可欠な”気”を用いて、自信の不調をなんとか
していたのです。

 

とくに、侍、武術家などは、怪我は付き物です。

 

気を不調部に導き、不調部の痛みを取っていたのです。

 

勿論、漢方(薬草)、鍼灸などの東洋医学を用いて痛みをとって
いたのですが、

相手と対戦中に怪我をした場合などは、その痛みは自分で取る
しかないのです。

 

呼吸により、気を導くのです。

 

呼吸により、体内に気を導き、さらに丹田(臍下)まで導きます。
丹田で気を練って、増幅させて、不調部に導き、痛みをとるのです。

 

不調部は気が滞っている、また、邪気が溜まっているので、気を導き
滞りをなくせば、血の巡りが良くなり、回復力が速いのです。

 

しかし、気感がないとできません。

 

気を感じることです。気が流れるとそこの部分は、温かくなります。

 

鼻から気を吸って、臍下の丹田まで、一本の糸が通るように、そして
その糸は温かく感じるのです。

 

毎日のタントウ(立禅)によって、気感は養われます。

 

簡単に説明しますと。

 

気を鼻から吸って、丹田に溜めます。そして
丹田に溜めたボール状の気を丹田で3回、廻し気を練ります。
増幅させるのです。

 

そして増幅させた気を不調部に導く、意識させるのです。
瞬時にです。そうすると、不調部が一瞬、膨張する感じがします。

 

肩こりにも使えます。

 

肩こりに気を導くと、一瞬、膨張して、そのあとはスッキリです。

 

呼吸と気の関係はとても大切です。
ですから、マナブ整体院では、呼吸法の指導を必ずしています。

分かりずらいので図をつけました。(図は肩こりの場合です)
武術治療

 

毎週火曜日ワンコイン朝活気功やってます。こちらもどうぞ。
http://manabuseitai.jp/archives/1906/
平日のお昼限定で肩こりの方応援、昼活整体もやってます。こちらもどうぞ
http://manabuseitai.jp/archives/1889/

 

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
肩こりは、強く揉んでも良くなりません。
気功の手で軽くふれると、肩こりの血行がよくなって、
コリがふわっとなくなります。
気功の手、添え手気功療法は、マナブ整体だけです。