気の整体の手の作り方。休み式立禅 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で添え手気功療法と言う
気の整体してます。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

人の手には不思議な力があると私は感じます。
暖かくて優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

 

気の整体においては、とても大切で、重要なことです。

 

人を癒すには、健康でなくてはなりません。
心もカラダもです。

 

今日は、タントウ(立禅)の中で、休み式の立禅について
お話しします。

 

両手首を両腰に付けます。

 

そのとき、手首は返して、

・野球のボールを手に握っている
・指と指の間にもビー玉がある

それぞれのボール、玉が熱くなるイメージを持ちます。

 

姿勢は胸を張らない、懐が深い姿勢です。

 

イメージのボールが熱くなり、手のひらから手首に熱が伝わります。
そして手首から腰、つまり、腎に熱が伝わります。

 

東洋医学では腎は先天の本と言われ生命力のもととなる蔵です。

とても大切なところです。

 

腎の働きが良くなると、カラダに気を巡ります。
カラダも暖かくなり、元気になります。
つまり、気の手をつくることはカラダに気を巡らせて
健康になることです。

 

健康で暖かく、優しい手が気の整体そのものです。

 

休み式タントウ(立禅)

手首を腰に、腎に当てます

休み式

意念:イメージです。腰に回した手にボールを握ります。
そのボールが熱くなります。
手のひらは熱くなります。手首を通して、腎に伝わります。
手のひらの血流がよくなって、赤くなります。
指先まで真っ赤になります。
気の手休み式2

この気功の手で触れるから、肩こり、腰痛に効きます。
みなさん、気持ちが良く、うたた寝してしまいます。
自然にカラダがゆるみます、疲れ、歪みが直るのこのためです。
自然に緩む。これが大事です。
気の手_休み式

 

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
慢性の肩こり、腰痛なら、恵比寿の添え手気功療法が効きます。
押さない、揉まない、バキバキしない。
気は日本の文化に欠かせないものです。そんな気を感じてリラックスしませんか
翌朝のカラダの軽さで違いが分かります。