肩こりは気功の手が効きます。立禅で自己鍛錬 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で添え手気功療法と言う
気の整体をしてます。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

肩こり、腰痛の方が増えています。
と言うか、いない人はいないって感じですね。

 

肩こりではなければ、腰痛。
腰痛でなければ、肩こり。
もしくは、肩こり、腰痛の両方って方も多いと感じます。

 

特に慢性の肩こりは、首すじ、背中のこり、肩甲骨のこり
をなんとかしないと良くなりません。

 

首すじ、アタマと首の付け根です。
ここのガチガチのこりが解れると違います。
背中の胸椎1番の骨のズレやそのまわりの凝りが解れると違います。

 

長年の癖であるものですから、そこを力まかせにグイグイすると
カラダが抵抗するので、さらなる凝りが生じます。

 

紐の固い結び目を優しく解くように、肩こり、首こり、背中こりをほぐす
のが整体の効果があり、持続するのです。

 

私は、気の整体が良いと考えます。
全身の血流がよくなります。
アタマのリキみ、カラダのリキみが自然に解けます。

 

気の整体をするには、気の鍛錬が必要です。

 

呼吸とイメージで気をカラダに巡らせます。

 

リラックスして、気がめぐると、鳥肌が立ちます。
皮膚の感覚が研ぎ澄まされます。

 

ですから、手を添えるだけで、調子の悪い所が
手に伝わります。
そして、気の集中した手で気を通すと痛み、こり
疲れが癒されます。

 

気の鍛錬はとても大事です。

 

タントウ(立禅)で気を巡らせます。
自分のカラダ、手が暖かくなります。
リラックスします。(しだいに鳥肌が立ってきます。)
気の手 鳥肌2

 

鳥肌が立ちます。カラダがホカホカしてきます。
気の手 鳥肌1

手のひらは、暖かくなり、指先まで赤くなります。(血流が良くなるのです。)
気の手 鳥肌3

タントウ(立禅)は、気の整体、つまり、気功の手をつくるのに必要です。

そして、私の健康法でもあります。

 

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
慢性の肩こり、腰痛なら、恵比寿の添え手気功療法が効きます。
押さない、揉まない、バキバキしない。
気は日本の文化に欠かせないものです。そんな気を感じてリラックスしませんか
翌朝のカラダの軽さで違いが分かります。