気の整体をするには、気の鍛錬です。手と足が暖かく! | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で軽く手を添えて、冷え、不眠、疲れ
を癒す気の整体、添え手気功療法をしてます。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

気をのトレーニングとして、タントウ(立禅)が良いです。
マナブ整体院では、お見えになった方の調子を見て、セルフケア
にタントウ(立禅)を教える場合があります。

 

ただ静に立っているだけです。

 

ですが、それが、やりつけていない人には大変です。

 

でも、タントウ(立禅)は本当に良いです。
椅子に座った状態で、指導するときが多いかも
しれません。

 

マナブ整体院にお見えになる方は、ほとんどの方が女性
です。そして、慢性の疲れ、肩こり、腰痛の方です。
とにかく、何年も悩んでいる方です。

 

セルフケアをする気持ちにならないくらい、疲れています。
そのため、手軽に行える、座った姿勢で呼吸の指導をします。
タントウ(立禅)の前段階というものです。

 

タントウは、患者さんのセルフケアだけではありません。
施術する私の気を充実するためにとても大切なものです。
気の整体をおこなうには、自身が元気でなくてはです。

 

私は、朝、必ず30分~40分 気の鍛錬をします。
気を充実して、慢性の肩こりの女性の方に全力で整体できる
ようになります。

 

ここで、気の鍛錬のポイントです。

 

手のひらの中央にある、労宮のツボと足裏にある湧泉のツボ
に気を集中します。

 

気を集中させるのはどうするか
気は意識したところに集まります。
労宮と湧泉が暖かくなるイメージをします。
それが水面に小石を投げてできた波紋のように
手のひら、足裏に広がるようにイメージします。

 

そうすると、手、足が膨張するように暖かくなります。

 

リラックスして、気が体に巡ります。
気が巡れば、それに従い、血行がよくなります。

 

それと、気は上に登りやすい性質があります。

 

手・足に気を集中するさせることは、良いのです。
足先が冷えてお困りの方にはとても良いですね。

 

イメージ(意念)
顎、脇、脚の間にボール。
水面に浮いている板を軽く押す。
立禅(川)

労宮を中心に波紋のように熱が指先ま広がっていきます。
労宮のツボ

湧泉を中心に波紋のように熱が指先まで広がっていきます。
湧泉のツボ

 

 

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
慢性の肩こり、腰痛、膝痛なら、恵比寿の添え手気功療法が効きます。
軽く手を添えるだけで、温泉のようにカラダの芯から暖まります。
気功の手でリラックスです。