慢性の 肩こり は、バキバキ背中、肩甲骨に気を通します。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で軽く手を添えて、冷え、不眠、疲れ
を癒す気の整体、添え手気功療法をしてます。
マナブ整体院 院長のマナブです。

 

慢性の肩こりの方のセルフケアです!

 

慢性の肩こりは、
背中が強張っています。
肩甲骨が強張っています。

 

ご自分では、揉めません。
だから柱に背中、肩甲骨をゴリゴリ
押し付けます。そのときは良いはよいですが
すぐに、強張ってしまいます。

 

気は意識したところにあつまります。

 

気が流れれば、血も巡ります。
凝りも流れます。

 

リキんだ意識では、気は滞ります。
柔らかい集中です。

 

背中の肩こり筋肉を軽く使うのです。
それから、軽く伸ばします。ストレッチです。

 

重要なのは、物理的な刺激で肩こり筋肉のバキバキ
背中を揉みほぐすのではなく、柔らかい集中力、意念、
イメージで気を通すのです。

 

頭を後ろに倒します。それに対して右手で抵抗します。
力は軽く20%の力です。そのままで、10秒維持します。
つまり、肩こり筋肉の背中上部を収縮させます。
背中12

脱力して、軽くストレッチします。
背中22

等尺性収縮した後、筋肉は緩むのです。
つまり、肩こり筋肉の背中を等尺性収縮させれば緩むことになります。

 

ですが、それに加えて、気の概念です。

 

「肩こり筋肉を収縮させる。」に意念を追加すれば
良いのです。気は意識したところに集まります。
肩こり筋肉に気が集まってきて暖かくなります。

 

ストレッチも意念で肩こり筋肉が餅のように伸びるとする
のです。

 

そして、だんだんと抵抗する力20%からドンドン小さくして
いきます。ほとんど抵抗をかけていませんが、気は集中した
ところに集まりリラックスしていきます。

 

ストレッチもドンドン小さく、軽くしていきます。

 

意念、イメージ、内観を鍛えれば、どこに居ようが
鍛錬ができます。
日常が気の鍛錬になります。
電車に乗っているとき。
パソコンで仕事しているとき。
通勤でお家から駅まで歩いているとき。

 

柔らかい、集中力、意念が使えれば、いつでも鍛錬
もしくは、養生(自分整体)できます。

 

最初は皆さんできません。

 

それで今日ご紹介しました。
肩こり筋肉の背中を軽く使う・収縮させて
ストレッチです。

それに意念を加えるだけで、気の鍛錬になります。

 

とても良い、気の自分整体です。

 

お試しください。

 

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
慢性の肩こり、腰痛、膝痛なら、恵比寿の添え手気功療法が効きます。
軽く手を添えるだけで、温泉のようにカラダの芯から暖まります。
気功の手でリラックスです。