気の整体、気功の手を作るには、足裏から気を入れます。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で軽く手を添えて、慢性の肩こり、首こり、
バキバキ背中を癒す気功の手、添え手気功療法をしてます。
マナブ整体 院長のマナブです。

 

気の整体、気功の手を作るのに、気の鍛錬として、
立禅を行います。

 

含胸抜背。
沈肩墜肘。

 

胸を張らない、懐を深く。
肩を肘を下げる。

 

姿勢を勉強するのが目的です。
勿論、呼吸もです。

 

そのとき見落としがちなのが、足裏です。
足裏を柔らかく、そして、手のひらと同じ
位に研ぎ澄ます練習でもあります。

 

立禅で立っているとき、足指を軽く地面を掴みます。
この意味は足裏のアーチを作るためです。

 

足裏からも気を出し入れしています。
べた足では、気が出し入れできません。

 

足裏。身体の土台でもあります。

 

気の整体講座では、足裏の鍛錬を行います。
足裏の神経を研ぎ澄ます。気の整体を行う
上で重要です。気の整体は気功の手です。

 

気功の手は、患者さんだけでなく、整体師も健康
になるのです。

 

健康な方の足裏はやわらかく、アーチが出来ています。
resize0412

 

resize0411 resize0410
後脛骨筋は、足首を内側に捻る筋肉です。
長腓骨筋は、足首を外側に捻る筋肉です。

 

その二つの筋肉で足裏のアーチを作っています。
足裏を引っ張て、吊り上げて、べた足にならないようにしています。
足のアーチ1

足裏の湧泉(ツボ)からも気を取り入れて
います。足裏のアーチがないと、つまり、べた足
だと、湧泉から気が取り入れられません。

 

気功の手を作るには、足裏からです!

 

[ セラピストのための、気の整体講座(初級編)。気功の手の作り方!]
を開講しました!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。 ➡ http://manabuseitai.jp/archives/8124/

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
慢性の肩こり、腰痛、膝痛なら、恵比寿の添え手気功療法が効きます。
軽く手を添えるだけで、温泉のようにカラダの芯から暖まります。
気功の手でリラックスです。