気配の科学的な解明の記事で、整体師として思うこと。 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で肩こり、腰痛の方に身体の軸がしっかりする姿勢、
歩き方を教えています。マナブ整体院 院長のマナブです。

 

日本経済新聞に、気配について興味深いことが載っていました。
武術などでも、良く聞かれる言葉です。背後からくる敵を気配
を察して・・・など。

 

武術だけでなく普通の人でも、気配を感じて後ろを振り返ると
人がいたとか。などなど。

 

なにか、超能力的な、オカルト的に受け取る人が多いと思われ
ますが、科学的に解明できるとのこと。

 

準静電界が、気配の正体では?とのこと。

 

人の体の周囲に静電気のような微弱な電界が存在している。
筋肉を動かす、脳が体に指令を出す、細胞と細胞が情報伝達す
るとき電気的な信号が生まれる。体の中では、常に微弱な電気
が生じている。

 

体内の微弱な電気が体表に、にじみ出て、全身を包み込んでいる。
これが準静電界(生体電位)であるが、ただし、非常に弱いので
感知するのは難しいとのこと。

 

準静電界をキャッチする感覚器官は非常に原始的であると考えら
れていて、サメやナマズは準静電界をキャッチして獲物を捕獲し
ている。
サメは3メートルほど離れた場所から、砂の下40cmくらいのとこ
ろに潜んでいるヒラメを検知することができるという。

 

準静電界、つまり気配をキャッチする器官はサメの頭部(小さな
穴がいくつも空いている)にあるとのこと。
その器官の穴の奥には複数の有毛細胞があり、これらが超高感度
で電界を感知しているとのこと。

 

まさに、超能力。サメは恐竜がいるころからいるので、原始的な
感覚器官があると言うのもなんとなく、頷ける感じがしますね。

 

ところが、サメだけでなく

 

人にも気配センサーがあり、それは、内耳と体毛
であるとのこと。

 

内耳には“毛”の生えた細胞、つまり有毛細胞があり、外から入って
きた音を振動として捉え、電気信号に変えて神経に伝えている。

 

また、

 

細かい産毛は電気刺激に対して敏感で、「総毛立つ」とか、「鳥肌
が立つ」もあり、気配を察知する力は一種、皮膚感覚に近いのかも
しれない。また、「産毛の多い子供や女性は、気配を感じやすい傾
向がある」とのこと。

 

気配というと、オカルト的で非科学的だというイメージを持たれが
ちだったが、少しずつ科学的な解明が進みつつあって準静電界を利
用した通信や医療器具などの開発にも取り組んでいて、“気配のモト”
が、最先端の科学になる日もそう遠くはないのかもしれない。

 

と言うようなことが、新聞に載っていました。

 

下町ロケットに出てくる熟練工の手作業の1/1000㎜の精度。
今回の気配の話し、”気”についてイメージしやすいのではと思いま
した。近いい将来、気配のモト(気)科学的に解明されて、人を豊
かにするものになって欲しいものです。

 

気功的には気が巡りリラックスすると、鳥肌が立つと言われています。
子供、女性は気について敏感、つまり、気が巡り鳥肌が立ちやすいと
言われています。筋肉量が男性に比べ、少なくリキみがないからとも
言われています。

 

新聞の記事と符号していてとても興味深いですね。

 

そして記事の結びには
“気配のモト”が、最先端の科学になる日もそう遠くはないのかもしれ
ない。とあります。

 

期待したいところですね。

>>>何となく感じる気配の正体?準静電解とは:日経新聞

 

 

呼吸と意念でカラダに気をめぐらせます。

気の手 鳥肌2

気が充実すると、鳥肌が立ちます。気は意識したところ集まります。
手に気を集中して、気功の手にします。

気の手 鳥肌1

通常、自分の意思で鳥肌を立たせることはできません。鳥肌を立たせる
には立毛筋と言う筋肉によりますが、立毛筋は内臓の筋肉と同様に自分
の意思で動かすことができない不随意筋です。気功状態になり、カラダ
に気が蓄えられ、リラックスすると鳥肌が立つと言われています。

 

 

 

< セミナーと講座情報 >

[ セラピストのための、気功整体講座。気功の手の作り方!]
生徒募集してます!
暖かく、優しい手はそれだけで、カラダを癒します。

そんな気功の手の感覚を勉強する講座です。
詳しくはこちらです。 http://manabuseitai.jp/archives/8124/

 

[気を感じる姿勢で強く、美しく!和の身体法セミナー]
姿勢、呼吸、立ち方に、こだわったセミナーです!
詳しくはこちらです。http://manabuseitai.jp/archives/8517/

 

恵比寿の気功整体
マナブ整体院 10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
リキみ(無意識緊張の歪み、血流不足)は肩甲骨ゴリゴリの肩こり、
慢性腰痛、膝痛だけでなく、顔の張り、潤いを失います。添え手気
功療法なら、手を添えるだけで、うたた寝してる間にリキみがふわっ
と緩みます。