恵比寿の整体師、深い呼吸と緊張を抜くこと。気の重要な経穴 | 恵比寿で整体を受けるなら『マナブ整体院』

恵比寿で気功療法してます。
マナブ整体院 院長のマナブです。

肩こり、腰痛、膝痛に関係なく、私が必ずと言っていいほど、気を調整する
経穴(ツボ)があります。

 

それは、足の三里と委中です。

 

とにかく、整体院にお見えになる方は、疲れと緊張です。

整体にくる理由としては、
不眠、冷え性、肩こり、腰痛などですが

でもその根底には、体の疲れと緊張が原因です。私は、緊張もカラダのリキみより、
頭(アタマ)のリキみの方が気になります。単純に体のリキみ、筋肉疲労であれば
お風呂に入って適度な運動、睡眠をとったり、気晴らしに、お買い物、映画鑑賞
などで比較的良くなりやすいです。散歩がてらのお買い物などは適度な運動とも
言えなくもないですね。

 

頭(アタマ)の緊張・リキみは、ちょっと、大変です。と言うのも、やる気が起きない
からです。そのワードが”めんどくさい”ですね。
パソコン作業、スマホなどで、常時、脳は刺激されています。気分転換した方が良いと思って
も・・・アタマのリキみ・緊張で・・・めんどくさい。となるのです。

 

そして、肩こり、腰痛がひどくなって、体が悲鳴をあげて、ようやくって感じです。
仕事も人間関係も複雑になってきて、自分の時間を作れなくなってきているのも確かです。

 

足三里のツボは、脛の上部外側にあります。
そこに、軽く触れると脛が熱くなります。
そして、呼吸が深くなって、皆さん眠くなります。

 

委中のツボは、膝裏の中央にあります。
邪気の溜まりやす場所と言われています。
そこに、軽く触れると膝回りが熱くなります。
そして、腰回り、お腹の緊張の抜けて、皆さん眠くなります。

 

足の三里のツボを刺鍼すると、呼吸の喚気量が増えたと言う報告もあるとのことです。
また、松尾芭蕉が奥の細道で、足三里に灸を据えて疲れをとったことでも有名です。
江戸時代では、胃腸を整え、足の疲れに効くツボで一般的だったとか。

 

委中のツボを刺鍼すると、膀胱の緊張を緩め、また、弛緩、収縮の調節機能があるとのことです。
緊張すると、トイレに行きたくなります。膀胱が緊張して収縮するためですね。

 

私の場合、マニュアル通りではなく、手の感覚で、探っていきます。

 

肩こり、腰痛の方でも、深い呼吸に導くこと、緊張をぬくことが、不快な症状の改善の
近道です。

呼吸が楽になります。足の疲れに良い。足三里のツボ
足三里

腰、腹の緊張が取れます。委中のツボ

気の集中した気功の手で気・血の巡りがよくなります。

 

週火曜日ワンコイン朝活気功やってます。こちらもどうぞ。
http://manabuseitai.jp/archives/1906/
平日のお昼限定で肩こりの方応援、昼活整体もやってます。こちらもどうぞ
http://manabuseitai.jp/archives/1889/

恵比寿の気功整体
マナブ整体院
10:30~21:00 不定休 予約制
渋谷区恵比寿1丁目22-3シルバープラザ恵比寿502号室
電話:03-6450-2207
ホームページ:http://manabuseitai.jp
肩こり、腰痛、膝痛でお悩みの方、かるくふれるだけで、痛みとこりが溶けちゃう
整体を受けてみませんか。呼吸と姿勢指導も行う整体院で健康に!
健康になることは美肌、美脚になることの近道です。